読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソニッケアーDEパニックやー

 
 
頸椎をね、やった。
パキッて言った。
あんなに見事なパキッは俺の首か、
もしくはアルトバイエルンぐらいじゃなかろーか。
(パキッとジューシー、香りジューシーのアレな)
 
いやぁ、、焦った!!!
人生2度目の119をしたね。ほんと。
でも、呼んではないんよ。
 
プルルルルル
救「はい!こち、、」
俺「首がパキッて鳴ったら何科ですか!!!??!?」
救「は、、い?」
俺「首が!パキッて鳴ったら!な!に!か!で!す!か!?」
救「折れてるんですか?」
俺「折れてないです!首科とかあるんですか!?」
救「脳外科ですかね、、?救急車要請しま、、」
俺「大丈夫です!自分で行きます!それではどーも!」
ガチャッ
 
自分で言うのもおこがましいけど
緊急時に「それではどーも!」とか言えるのって
日本広しと言えども俺ぐらいじゃないかなと思う。
てか、生まれて初めて言ったわ。
 
で、脳外科ってワードを得た俺は
早速Siriに聞くわけ。
 
俺「Hey!!! Siri!」
S 「ポポン(機械音)」
俺「近くの脳外科探して!」
S 「ピピン(高めの機械音)」
………
S 「お探しの場所を見つけられませんでした」
俺「こんの役立たずがあああああ!さよなら!」
S 「すみません…」
 
いざって時にSiriの情報力は弱い。
んで、さよならつってんだから早く消えろボケ。
本気で怒鳴ったもん。
仕方ないからググるカスして隣町の同姓の脳外科へ。
(同姓に運命感じて選んだのは内緒←)
 
着いて感動。
大きい!綺麗!いい匂い!
自動ドアを開けた瞬間から漂う、信頼していいよ感。
この勝負、勝った。フッ
ニヤニヤしながら問診票を書く様は
受付の向こう側に戦慄をもたらしたことうけ合いだったろう。
 
が、しかし。
問題はここから。
「今日はどうしましたか?」
、、どう答えよう、、、
今回の経緯はこう。
 
 
夜勤明けで帰ってきて歯を磨いてたん。
うちの歯ブラシってソニッケアーのやつで
毎分31000回とか震えるらしいのね。
 
で、それを正面から見ながらスイッチ入れると
ものっそい嫌がってるように見えんの。イヤイヤーって。
それが面白くて、ソニッケアーに何か質問して
スイッチを入れる→マッハイヤイヤする→笑う。
壁に喋りかけるの次ぐらいに寂しい遊びではしゃいでました。
 
んで、何でかなー?対抗心が芽生えてきて
「お前はイヤイヤするなら、俺はウンウンしてやろう」と。
マッハイヤイヤv.sマッハウンウン。
ム"ム"ム"ム"ム"ーとソニッケアー。
コクコクコクコクーと俺。
長い長い死闘の末、
 
> > > パ キ ッ ッ ッ < < <
 
ぎゃぁぁああああああああ………!
 
 
ね。だぁーれが話せますかっての。
ま、話したけどさ。。
主治医(院長)爆笑。ナースも爆笑。
和やかな雰囲気の中CTかMRIか撮って特に異常なし。
これまた爆笑。
お会計の時もナースの方に笑われながら支払う俺。
 
見ず知らずの初めましてやったけど
きっと俺は裏でこう呼ばれる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パニッケアーと。。。