読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年も生き抜いた。

やっと終わったね。クリスマス。
みんな無事?メンタルに大怪我とか負ってない?
俺は何とか、持ちこたえたよ。ギリッギリね。ギリッギリ。
(ちなみにクリスマスの事を陰で「地獄」って呼んでます)

いつもならクリスマスなんて仕事やのに
今年に限って、お休み。
もちろん、過ごす相手もいなけりゃ予定すら無い状況。
切なくて、悲しくて、泣きたかった←

実家に帰ろうか迷ったりもした。
「オカンが彼氏とデートやったらどーしよ?
聞くか?いやいや、もし、ほんまにデートしてたら
俺のメンタル耐えれる?もげたりしぃひん?
母親でさえ、クリスマスってんのに俺は、、」
で、聞けなかった。
オカンが知らないところで、俺は大人になってますよ。

もう、家でゆっくり過ごそうかとも思った。
けど!!!
クリスマスに負けるのが嫌だった。
と言うか、戦わずして負けるのが嫌だった。
「負け戦こそ、漢の華ではないかね!!!」
前田慶次の言葉が俺を強くした。

24日、世間はクリスマスイブ。時刻は23:00
友だち(彼女あり)と温泉に行く約束を取りつけて
「探さないで下さい。」
の文字だけ したためた手紙を置いて家を出た。

「街」と言う名の「戦場」を歩き
「カップル」と言う名の「敵」に遭遇し
そして「イチャつく」と言う斬撃、打撃、砲撃の嵐を受け
さっきまでの覚悟は、脆くも崩れ去っていた。
そこからは、あんまり記憶がない。
きっと自我を保つ為に、脳が削除してくれたのかも、、←

翌日のクリスマス本番は、会社の忘年会で
ハイキックしてド派手に転んで後頭部を強打する事件
を起こして、さっさと寝てやりました。
今年は、そんなクリスマス。
俺はしっかり生き抜いてやった!!!!!



p.s
帰った時、一人暮らしでの置き手紙の無意味さに爆笑してました←